法律事務所が投げた相談を拾う

当地では、法律事務所に相談して報酬を支払って、問題解決を依頼します。

問題は、その契約内容がどのようになっているかです。

この契約内容をはっきり定めておかないと、後日法律事務所とトラブルが生じます 。
事務所側としては、なすべき事は行ったのでもうこれ以上はやらないという態度をとります。

お客さん側にしてみれば、最後まで面倒みてくれると思っていましたが、途中で投げられたと感じます。
これは契約書の中身をはっきり定めていないために誤解が生じたためのトラブルです。
以上のトラブルがあって当社に相談にきたお客さんがいます。当社は、お客様満足100%を目指していますので、途中で投げたりはしません。

納得いくまで、フォローします。

ちなみに、もう一つの問題として当地では弁護士への報酬は前払いでかつ全額です。
このようなシステムなのなので、お客さんの満足度にかかわらず事務所側は打ち切ることがあります。

なお、当社の場合は着手金50パーセント、完了後50パーセントを受け取るシステムをとっていますので、最後までフォローします。
結局、この事例から教訓として学ぶ事は法律事務所に依頼する場合はしっかりと相談内容、解決内容およびフォローの中身をはっきり定めてから報酬を支払うことでしょう。