お客さんから、会社のお金を横領したスタッフを横領罪と
して刑罰を科して欲しい、という依頼です。

証拠はありますし警察も立件に向かって動いている状況です。
しかし、このような罪は殺人罪や麻薬犯罪などに比べて軽い
犯罪なので、現実には罰を科すことは難しいです。

特に、横領、窃盗罪は計画的でない限りです。
刑事事件であっても、被害に遭った被害金額の補償が論点に
なります。

多くの場合、裁判所は被害者との和解、示談を勧めます。
その前段の取り調べ警察官も、示談、和解を勧めます。

これは、もう習慣です。
もちろん、和解、示談を拒否することもできます。
この時が、判断の別れとなります。

タイでは、刑を科すことより、金銭を伴う和解、示談を勧めて
います。
この示談とて、支払い能力のない被告の場合、罪を問えない、
横領された金品が戻らない、ということもあります。

さて、タイの刑事裁判所は、重い犯罪は別として裁くことが
主目的ではなく、原告の訴え内容と罪の内容を勘案して落とし
所を探ることになります。

時には、法廷で裁判官が直接両者入って指揮することも多くあり
ます。
こうなると、刑事裁判所でも民事裁判のように感じます。
仏教国の裁判官ですから慈悲深いです。

こんなところに、タイの刑事事件と日本の刑事事件の違いを
垣間見ることができます