明日、無料誌「タイ自由ランド」に当社の公告が掲載されます。これによって当社の存在が認知されることになります。