役所の窓口でのトラブルとその解決策
役所でのトラブルについての相談が持ち込まれています。

ある窓口で申請したところ、追加書類を求められ、その書類を提出すると、今度は最初に提示した書類が
不備といわれました。
申請者は、不備の理由を尋ねず会社に戻り、再び申請に行かず書類が社内に置かれたままにまっている
ということです。


一般的にどうして、トラブルが生じたのでしょうか

ある場合、担当者により扱いが異なるからでしょう。

こんなことは、よくある話です。
さらに説明を受けた内容を誤解してしまった、ということもあるでしょう。その他、理由はいろいろです。

 

トラブルが生じても、タイ人は役人に対して従順です。

よって、ダメと言われたらもう簡単に引き下がってしまいます。そんな場合、理由や対策を尋ねようとも
しません。(全員ではありませんので念のため)

オフィスに戻り、ダメでした、と報告があるものの具体的内容がありません。
こんな状況で、当社に相談があります。相談を受けた場合まず「何をして欲しいのか」をたずねます。

そして問題点を整理して伝えます。

報酬を決めて実行に入ります。
具体的には、窓口の担当者とのやりとりになります。

その際の心得として、感情を表に出さないでいつも沈着冷静に話をすることです。

決して大きな声を出してはいけません。

結構、日本人と共に行くと何とか解決策を提示してくれるものです。